〜Gastronomy's Food Journey〜

世界中のおいしい食べ物・料理・お店・レストランをご紹介!

カリカリ・熱々・とろ〜りがたまらない、横浜中華街の名物焼きそばを、実際に食べて来た!

外はカリッカリ、中には熱々とろ〜りな「あん」が閉じ込められた、絶品焼きそば!

f:id:Yuta8:20160808112901j:image

横浜で中華料理を食べる時は、だいたい「横浜中華街」へ行く僕ですが、そこには沢山のお店があり、いつも迷ったあげく行くのが「萬珍樓」です。

しかし今回は、こちらのお店へ行って来ました〜。⇩

f:id:Yuta8:20160808112959j:image

「梅蘭」

ある日、ググっていたら「横浜中華街の名物焼きそば」と言うものを見つけて、載せられていた写真を見た時、それがあまりにも美味しそうだったので、これは一度食べてみたいと思い、さっそく食べて来ました。

栄えている横浜中華街の中心部からは少し離れた、人通りの少ないところにお店はあります。

f:id:Yuta8:20160808113105j:image

しかし、人気店だけあってお昼時に行ったら、店内の席はすでに満席

20分ほど待ってから店内へ…

優柔不断な僕ですが、今回だけは迷わず注文!

そして、待つこと10分…

お目当の名物焼きそばが、テーブルに運ばれて来ました〜。

鶏肉入りカレー 梅蘭やきそば : 980円

f:id:Yuta8:20160808113221j:image

食べなくても見ただけ嗅いだだけで、カリカリ感が伝わってくる色合いと香ばしい香り。

f:id:Yuta8:20160808114730j:image

そして、中には熱々とろ〜り具沢山なあんがたっぷり。

f:id:Yuta8:20160808114829j:image

それらを絡めて食べてみると、口の中でカリッとした食感と共にトロッとした食感が同時に味わえます。

f:id:Yuta8:20160808114928j:image

最初、見た感じでは大きさが小さく量が少ないかなと思ったけど…

f:id:Yuta8:20160808115015j:image

意外と麺の量があり、さらに中に入っているあんが具沢山なので、食べ終わった時にはお腹いっぱいになりました! 

本当に美味しかったです!

また食べたい…

f:id:Yuta8:20160808115216j:image

今回は、新たに横浜中華街で美味しいお店・料理を見つけることができました〜。

「和」と「洋」が同時に味わえる、美味し〜いフレンチトーストを食べて来た!

これぞ、THE・和風フレンチトースト!

f:id:Yuta8:20160808063919j:image

久々に、横浜でランチを食べた後、休憩がてらスイーツを食べたくなったので、どのお店へ行こうか悩んでいる時に、ある日通りかかって見つけてずーっと行きたいと思っていたお店の事を思い出し、そこへ行く事に…。

そのお店は、「林屋茶園」(ホームページ)です。

横浜そごうの10Fは、レストラン階で様々なジャンルの料理が食べられます。

そこにある林屋茶園 横浜そごう10F店食べログ)は、黒を基調としたシックな見た目の外観に、少し薄暗く落ち着いた雰囲気の店内。

平日休日問わず、ランチ時には列が出来るほど人気なお店です。

そんな林家茶園 横浜そごう10F店には、横浜そごう店のみの限定メニューがあり、その限定メニューが和風フレンチトーストならぬ…

抹茶ふれんちとーすと : 810円 (単品)

f:id:Yuta8:20160808064228j:image

「洋」のフレンチトースト「和」の小豆が載せられていて、さらに抹茶の粉末とアイスクリームが添えられた、まさに「洋」と「和」が同時に味わえる贅沢な一皿

f:id:Yuta8:20160808083100j:image

フレンチトーストは3つもあり、2段に重ねられています。

f:id:Yuta8:20160808082713j:image

注文を受けてから焼き上げるため、20分ほど待ちます。

外は黄金色に焼かれていてカリカリで、中はふわトロ。

f:id:Yuta8:20160808082913j:image

あずきの甘さが更に美味しさを引き立たせ、もうたまりません!

そして、少し苦味のある本格的な抹茶アイスクリームと合わせて食べれば、最高の味わい!

f:id:Yuta8:20160808083330j:image

最初、フレンチトーストが3つもあり、全部食べられるかなと思ったけど、あっさりと完食

少し物足りなさがある感じで、最後まで美味しく味わうことが出来ました。

こちらのフレンチトーストメニューは、今回注文した抹茶アイスクリームが付いてくるものとほうじ茶アイスクリームが付いてくるものの、2種類から選べます。

f:id:Yuta8:20160808083257j:image

数に限りがあるみたいなので、食べたい人はお早めに…。

フレンチトースト以外にも、パフェが人気で、かき氷などのメニューもあります。

ちなみに、僕が行った時は若い方から年配の方まで全員女性のお客さんしかいませんでした。

ですが全然、男性1人でも入店できる雰囲気なので、甘党男子は是非!

f:id:Yuta8:20160808083458j:image

スペインにある食の都「バスク地方」の伝統的なお菓子が食べられるお店へ、実際に行って来た!

美食の街「バスク」の伝統菓子は、シンプルで美しい味わい。

f:id:Yuta8:20160703083722j:image

今、世界中のシェフや美食家最も注目しているという、食の都バスク地方

バスク地方」には、”バスク”という地名の名前が入った伝統的なお菓子「ガトー・バスクと言うお菓子があるらしい。

そんな、「本場」ガトー・バスクを作っているお店が白金にあります。

 

という事で、実際に行って来た! 

高級住宅地セレブなどの富裕層が多く住む街と言うイメージの「白金」エリア。(あくまで、自分の固定概念です。)

初めて白金エリアへ訪れたのは、前回紹介した「kiriko NAKAMURA」へ行った時。

そして今回は、同じエリアにある違うお店へ行くために、2回目の訪問。

場所は、白金高輪駅から徒歩で約6分のところにあります。

そのお店がこちら⇩

f:id:Yuta8:20160703084939j:image

MAISON D'AHNI(メゾン・ダーニ)

f:id:Yuta8:20160703085002j:image

お店は、小さくお洒落な外観。

ちょうど焼き上げたのか、とっても美味しそうな匂いがプンプン!!

お店の中へ入ると、まず、そこにはショーケースに並べられた美味しそうなスイーツと…

f:id:Yuta8:20160703085034j:image

隣からは香ばしくて良い香りを放つ、焼き菓子や…

f:id:Yuta8:20160703085128j:image

こちらが、バスク地方伝統的なお菓子「ガトー・バスク

f:id:Yuta8:20160703085247j:image

f:id:Yuta8:20160703085301j:image

チョコレート風味のガトー・バスクも… f:id:Yuta8:20160703085313j:image

そして、バゲットクロワッサンなどもあります。

f:id:Yuta8:20160703085327j:image

バゲットやクロワッサンは、売り切れ次第終了で、お昼には全て完売になるそうです。(電話をして、取り置きをする事も可能。)

さらに、店内にはちょっとしたカフェスペースがあるので、ここで食べる事に。

f:id:Yuta8:20160703085346j:image

まずは、店員さんオススメで、最近自分もハマっている

ミルフィーユ : 520円

f:id:Yuta8:20160703085411j:image

たっぷりと挟まれた2層のカスタードクリームと、見た目からしてバリバリ感が伝わってくる3枚のパイ生地

f:id:Yuta8:20160703085502j:image

フォークを入れようとするも、上のキャラメルが固くて、フォークがサクッと入らない…

結局、こんな感じに潰れてしまった。

f:id:Yuta8:20160703085527j:image

でも、一口食べてみたら凄かった!

キャラメルの味がほろ苦く、パイはザクザク、そしてカスタードクリームは甘くなく素朴な味わい。

素朴だけどほろ苦くザクザクとした食感がクセになって、フォークが止まらずあっという間に完食!

これは、どちらかと言うと大人向けのミルフィーユだと思います。紅茶とかと合いそう…

f:id:Yuta8:20160703085549j:image

次は、すぐに売り切れてしまうほどの人気商品

クロワッサン : 220円

f:id:Yuta8:20160703085834j:image

行く前に電話で聞いたら、奇跡的に1個だけ残っていたので、取り置きをしてもらいました。

大きさは小さめで、バターのほのかな香りがします。

f:id:Yuta8:20160703085757j:image

食べてみると、一般的なクロワッサンと変わらず外パリ中ふわな感じで、まぁ普通に美味しい。

f:id:Yuta8:20160703085911j:image

そして最後は、今日このお店に来た1番の目的でもある…

ガトー・バスク : 450円

f:id:Yuta8:20160703085947j:image

おやつなどにぴったりな見た目と大きさ、そして、い〜香り!

f:id:Yuta8:20160703090045j:image

ガトー・バスクは作り置きをせず、必要な分だけ作り、様子を見ながら無くなる前にシェフの方が焼き上げるので、タイミングが良ければ焼き立て出来立てが味わえます。(自分が行った時は、焼き上がって結構時間が経っていたので、すでに冷めていました。)

アーモンドを使った生地は、かなりしっとりとしていて甘〜い味わい!

f:id:Yuta8:20160703083722j:image

そして、中に入っているブラックチェリーがそのまま残ったコンフィチュール(ジャム)は、少し酸味があっていいアクセントで甘〜いアーモンド生地にピッタリ!

なんか邪魔なものがなくて、シンプルに美味しいお菓子

シンプルだからこそ、クセになる味わいでした。

また、食べたい!今度は焼き立て出来立てを!

f:id:Yuta8:20160703090209j:image